木洩れ日の森に山の家を。


by meikenlucky
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

台北その⑤

週末は台北から花蓮へ1泊2日のミニトリップです。
花蓮は、日本人は"かれん"と読み、台湾ではファーリェンと言います。
花蓮は台北から220キロ。東海岸にある観光の町で、太魯閣峡 (タロコ渓谷)の入り口でもあります。元はアミ族が住んでいました。

T君の提案と手配で、すっかりお任せの週末旅行。
これが期待以上の素晴らしい旅となりました。
T君ありがとう〜!お世話になりましたぁ〜☆

土曜の朝早く、台北駅から特急電車の旅です。
まずはタクシーで到着した台北駅舎。どうしてこんなに高いの?
f0186539_2294938.jpg

f0186539_22103293.jpg


中に入ると天井が高〜〜い! ヨーロッパの駅みたい?
f0186539_22112277.jpg





花蓮行きはここですね。
f0186539_2213341.jpg

我々が乗った列車は、かなり昔の日本の新幹線車両らしいです。
f0186539_22131233.jpg

そういえば、そんな気が.....。この荷物棚なつかしい。
まだ頑張ってたのね。お役目、ご苦労様!

花蓮の宿は日本人Kさんが経営する民宿。と言ってもビルですが。
翌日Kさんがタロコ渓谷を案内してくれるのです。
このKさんのお陰で、この後、楽しい旅が始まります。

早速、花蓮の町を歩きました。まずはお昼。
Kさんオススメの小龍包のお店。たしかに美味しい!
f0186539_1974369.jpg
 こちらは、↓小龍包と肉まんの間の感じ。これもオススメでした。
f0186539_22154990.jpg
フルーツジュース屋さん↓
f0186539_2217095.jpg

f0186539_23135732.jpg



街角に見たことのある字が!
瑞穂牛乳、Yちゃんちの冷蔵庫に入っています。
このビル↓外壁まで乳牛っぽいですね。
f0186539_19174455.jpg
f0186539_22252463.jpg
f0186539_22233732.jpg

こんな花&葉っぱを見かけました。
f0186539_22235896.jpg

チョウチョのような葉っぱですね。

うわぁ〜(><)
f0186539_22234686.jpg



夕食は、Kさんオススメのガチョウを食べました。
塩ゆでにしてタレにつけるのと、レバーと。
レバーは調理法を変えたらフォアグラ?
右上にあるのは、生のイカを冷凍したものの半解凍?
このまま食べるらしいけど、私達はスープにつけてさらにちょっと温めたのが好きでした。
f0186539_19212954.jpg


Yちゃんは、大粒の黒糖タピオカ(黒いの)入りのミルクティ↓がお好き。^^
f0186539_22211865.jpg

甘さと氷の量を↓選べるんだそうです。
f0186539_19161569.jpg

これは何?
f0186539_2231388.jpg

f0186539_22314539.jpg

f0186539_2232982.jpg


夜は海沿いのエリアで夜市があり、アミ族の踊りも見られるとのこと。Let's go!
f0186539_20252869.jpg

アミ族は大変運動神経に優れているそうですが、実は歌もうまいんですよね。

以前、Amaging Voiceという番組で初めて聞きました。

アトランタオリンピックで使われたこの曲、覚えていますか?
Enigmaの "Return to Innocence"



このイントロ部分の歌は、元々アミ族の郭英男(ディファン)さんが歌っていたのを無断借用したのだとか。それで訴訟になり、和解し、その後はツアーで共演するまでになったとか。そのお陰でアミ族の歌が世界に広がったそうです。こちらが↓郭英男さんバージョン。




f0186539_22551941.jpg

郭英男さんと奥さん。
この歌の元の題名は、
老人飲酒歌だそうです。




夜市の雰囲気を味わって....そろそろ帰りましょうかね。
f0186539_20343254.jpg

さて、明日はいよいよタロコ峡です。楽しみ〜♪
by meikenlucky | 2012-04-16 18:33